映画・読書感想記事は基本的にネタバレです。ご注意ください。

2008年01月15日

誰も寝てはならぬ、プッチーニ「トゥーランドット」より : ポール・ポッツ

今朝TVで知りました、ポール・ポッツ。すでにネット上では有名らしいですがちょっと便乗して、というか私もこのシンデレラストーリーにおおいに感激しております。

めざましテレビで聞いた話ではイギリスの田舎町で貧しい家庭に生まれ育った彼ポール・ポッツはいじめられっ子で歌だけが友達だったそうです。
特別な音楽教育も受けていないそうで携帯電話のセールスマンをしながら歌い続けていた彼がイギリスの、素人からスターを見つけるというような番組に出演した様子がこの中に収録されています。

さっと聞いただけなので間違いがあるかもしれませんがこれでポール・ポッツは一躍有名になって歌手デビューし、女王陛下の前でも歌を披露し、来日公演も決まっているということです。



その道の方が聞けばどうなのか判りませんがポッツ氏の歌声もまた素晴らしいのではないでしょうか。鳥肌たちました。

ポール・ポッツ

Pavarotti - Nessun Dorma
posted by フェイユイ at 10:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぅわああ☆フェイユイさん!(><)今こちらを覗いてビックリです!!私も今朝起きてすぐこのテレビを見て、そしてこの声を聴いて、涙しました〜〜!今日の一大トピックで、先程までネット検索〜☆この“トゥーランドット”何回聴いたことか!^^
友は今朝は未見だったのですが私が出先から騒いでいたら(名前も聞き忘れていた;)ネットで探し出してくれました!
奇跡って、あるのですね。どんなことも、もしかしたら可能なのかもしれない。そん
なことを彼の人生から感じます。フジコヘミングさんのことも、思い出しました。^^
そして、パバロッティ氏の死とまるで入れ替わるかのような☆彗星のような彼の登場。神様って、いるんじゃないのかな。。^^
Posted by フラン at 2008年01月15日 21:31
フランさんも観ていたんですね!!私も大感激鳥肌でした。
まるでイギリス映画そのままみたいな話!
ポッツ氏の風貌がまた歌とのギャップをよりいっそうくっきりさせてます(笑)
パバロッティとの入れ替わりですね、まさに。
今日は忙しかったんですがこの記事だけは書きたくて大急ぎでアップしました(笑)
CDも欲しくなりますね。
Posted by フェイユイ at 2008年01月16日 00:30
こちらで大変恐縮ですが、「藍空放浪記」の「パトリオット」から以降、コメントしてコメント数表示されても欄が開きません・・ウチだけ、かしら?^^;
Posted by フラン at 2008年01月28日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。