映画・読書感想記事は基本的にネタバレです。ご注意ください。

2008年01月12日

『乞食の子』頼東進

本を買う余裕がないので最近の読書は殆どが図書館である。どうしても手元に置きたいものはできるだけ古本で購入。普通に手に入れることはよほどでなければない。

これは図書館から借りたもの。
『乞食の子』頼東進著 台湾人の著者による自伝である。タイトルどおり乞食の子として生まれ育った著者の信じられないような過酷な子供時代が描かれている。
盲目で弾き語りをしながら放浪を続ける父と重度の障害者の母、そして自分も含め12人の子供がいる家庭を長男である著者は幼い時から一家の世話をその小さな肩に担う事になる。
激しい差別を受けながら何の補償も手助けもなく(心優しい施しはあるが)しかも行政からは取り締まりにあいながら子供である著者が父に殴られ、人々からは謗られ、ただ一日の家族の糧を洗面器に集めてまわる日常は想像を絶するものがある。しかも彼は私よりわずかに年上なだけでそんな遠い昔の物語ではないのがまたショックである。自分がのんびりと過ごしていた頃に彼はそう遠くもない台湾という土地でこのような日々を過ごしていたのである。
幸運にも(と言っていいのだろうか)あるきっかけから10歳と言う年齢にはなっていたが小学校に通うことになり並外れた才能を発揮して学業・運動に素晴らしい成績をあげることになる。無論そこにも彼のひたむきな努力がある。
彼がこの非情な生活のなかでさえ、家族への愛情をいつも失わずにいたことも豊かな現在の日本の家族の在り方とつい比べてしまうのである。

この自伝を読んでいて思いだすのは同じ台湾を舞台にした白先勇の小説『薛/子]子』である。
描かれている時代はほぼ同じ、か『薛/子]子』の方がやや後になるくらいだろうか。
特に『薛/子]子』の中の老鼠は同じ頼という名前であり、頼東進氏のお姉さんがまだ少女という年齢で買春を強要される場面はその老鼠が助ける事になる売春のために閉じ込められた少女を思い起こさせる。
頼氏自身は特に仲のよかった姉が自分の小学校入学のために買春せざるを得なかったことに衝撃を受け、なんとか助けたいと思いながらも何の手立てもなく泣くしかなかったのが、小説の中の頼少年は閉じ込められた買春少女を逃している、というのが不思議である。

著書はむしろ明るいタッチで書かれているものであるし、そのひたむきさ、家族(特に姉)への深い愛情など感動に溢れる話が次々と語られている。多くの人に読んで欲しい一冊である。
ラベル:自伝
posted by フェイユイ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。