映画・読書感想記事は基本的にネタバレです。ご注意ください。

2007年07月09日

ママへ

たまにある話。

店先で母親が小学生くらいの娘に何か買ってあげようとして「○○ちゃんが欲しいのを何でも選んでいいわよ」なんて言う。
そのくらいの娘というのは大体変なものが好きなので「これとかこれとか」とおかしなものを選ぶ。
すると何でもいいと言った母親「あ、それは色が悪いし、これは長持ちしないわ」なんて言い出す。
娘は母親に逆らうのはどうせ無理だし、言い返したって得にはならないともうしっかり悟っているから「じゃあそれでいい」なんて答えてる。母親、にんまりして「いいの選んだわね」なんて言ってる。

親としてよい物を選ぶ勉強なのかもしれないが「何でもいい」と言っといてそりゃないだろ、とこっちが言いたくなる。
そんなら初めから「全てママが選びます。あなたには選ぶ権利はないのよ」と言ってくれ。束の間の希望を与えて奪わないでくれ!!

・・・などと傍で憤ってる私はその娘さんよりガキだろうか。

私も母親ではあるが。
posted by フェイユイ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47220155

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。