映画・読書感想記事は基本的にネタバレです。ご注意ください。

2007年05月22日

「鉄コン筋クリート」松本大洋

破壊的で町を荒しまわるクロ。クロはシロを守る事が自分の役目だと思っている。でも本当のクロは脆い部分を持っていてシロがクロを守っているんだった。

何度か、この感想を書こうと思ってまた挑戦してるんだけど、どうにもうまくいかない。
別に書かなくてもいいのかもしれないし。

とにかくクロもシロも大好きなんだ。
こういう二人組み、って言う話が好きで今までもいろいろ読んだり観たりしてきたんだけど。
大体強い方と弱い方、頭がいい奴と悪い奴、大きいのと小さいの、かっこいいのとかっこわるいの、って組み合わせなの。
で、どっちが好きかってことになると私が好きになるのは弟分のほうなんだ。これでいうとシロのほう。でもホントのホントは兄貴分の方が好きなんだ。っていうか兄貴分の方に自己投影してしまうの。だから弟分の方を好きになってしまうんだよね。

これでも自分はクロなの。クロの気持ちになって考える。
シロが好きでシロに憧れるけどシロにはなれない。それはクロ自身の気持ちと同じだと思う。
クロとシロはずーっと好き合ってるのにクロはシロを思うがために嫌いなフリをしてしまう。
そしてもう一人の自分にシロをねたましく思っているんだろうと見抜かれてしまう。
でもその時のクロはもう素直になっていてシロが好きだと言えてよかった。こういうのってみんなもあってもなかなか認め切れなくてすねてしまったりする事がある。
本当に誰が大事なのか判っているのにそれを気づかぬフリをする時もある。
シロがずっとクロの事を思っていてくれてうれしかった。
海の近くに移り住んだ二人が幸せそうでうれしかった。ちょっとうらやましくて妬ましいくらいだったよ。
シロが安心して暮らせること、クロがシロの面倒を見て暮らせること、それが一番の幸せだね。


ラベル:友情
posted by フェイユイ at 20:33| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。