映画・読書感想記事は基本的にネタバレです。ご注意ください。

2007年05月22日

何にお金をかけられるのか

今まで殆どやったことがなくてこれからもやらないだろうと思うのが遊園地遊び(なんていえばいいんだ?)とゲーセンでのゲームである。
まったくやったことがない、というわけではないが、どちらもそれらの遊びにお金を出すのが極端に勿体無くてどうしてもできない。本やDVD、CDに金を出すのは全然平気(所持金がありさえすれば)なのにゲームなどに金を出すのは捨てているのと同じ気がするのだ。これはまあ普通の感覚なのか?それとも今の人間としてはずれているのか、それすらよくわからない。
ゲーセンでのゲーム、と区切ったのはもしかしたら、ソフトを購入するようなことはあるかも、という気弱な予防線である。つまり興味はあるがケチなのである。だが本にはケチでなくなる。あったらあるだけ使ってしまうのだ。ゲーム好きで本など興味がない人たちにはこれもおかしな感覚なのだろうな。

まあ、当たり前の話をしてみました。
タグ:遊び
posted by フェイユイ at 18:38| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42575109

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。