映画・読書感想記事は基本的にネタバレです。ご注意ください。

2007年04月02日

久し振りの歯医者

久し振りに歯医者へ行った。なぜだか朝歯が痛み、暫くすると治るのだが翌日の朝、また痛くなるのだ。
何故そんな奇妙な現象が起きたのかはわからなかったが奥歯が一本かなり進んだ虫歯になっていた。外からはよくわからないが奥で進行していたらしい。それが神経まで届いてたので神経を取ることに。
しかし今は昔と違って歯の治療は殆ど痛みがないのだね。マゾだったら悔しいことだろう。無論あの恐ろしい音は健在だが痛みがないなら全然平気。しかもやたらと「大丈夫ですか?」「痛みがあったら言ってください」「疲れたら言ってください」と神経の細やかな事。昔の治療はかなり荒っぽかったからそこまで言われると恐縮してしまう。(このお医者さんが特別優しかったのかもしれないが)
神経を取るのにちょっと時間がかかったのでついうとうとしてしまった。歯の治療中にうとうとできるなんて!!

麻酔も久し振りにやってあの変てこな感覚を味わってしまった。帰宅して歯磨きしたらぶくぶくができないの。ぶくぶくしてると水がぴゅっと口から飛び出してしまう。うーん。神経が利いてないとぶくぶくもできないんだ、と妙に感心。人間の体って精巧なんだなあ。
今のとこは仮につめてるだけなので舌で舐めると変な感じ。他には酷い虫歯はないとのことで短期間で終わりそうでよかった。

しっかし歯医者に行くのが恐怖でなくなるなんて子供時代には思いもしないことであったな。
posted by フェイユイ at 21:53| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。