映画・読書感想記事は基本的にネタバレです。ご注意ください。

2007年02月11日

懐かしきヘミングウェイ

また昔話。

ある日、何かで「ヘミングウェイの短編集の中のボクサーの物語(タイトル判らず)が面白い」と知り読みたくなった。
常に金欠なので近くの古本屋に探しに行った。
なんと言う運命の引き合わせかそこには探しているそれがあった。目次にもちゃんとタイトルがある。
すぐに買って帰った。ページをくるのももどかしくその短編のあるべきページを開くと・・・ない。
そこにあるはずの「ボクサーの物語」がないのだ。もう一度目次を確かめもう一度ページを・・・なんとその部分だけ切り取られていたのだった。古本ならではの悲劇!!ああ!!

返しにいったか、脱力してあきらめたか覚えていない。
しかし欲しいものがある時はちゃんと確かめなければいけない、と学んだ。

まあ、だからと言って舞い上がっている時はまた失敗するんだけどね。
posted by フェイユイ at 23:14| 香港 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわー^^。
・・びっくりですねぇ、正にその作品ページだけ切り取られてるとは!!
・・古本屋さんですぐに見つかっておまけに切り取られてるって・・オチがありすぎじゃないですか(笑)
ついでに、切り取ったのは実はその最初に「ボクサーの話が、いい」って言った人☆ってのは、どうでしょう〜〜(^^;)
Posted by フラン at 2007年02月12日 12:10
こんにちはフランさん。
平凡な人生を送ってる私ですが時々こういう衝撃的なことがあります(このくらいで大事件だ・笑)大昔のことなんですがあんまり驚いたのでさすがに覚えてますねー(笑)普通はすぐ忘れちゃうほうなんですよ。
Posted by フェイユイ at 2007年02月12日 18:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33465577

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。