映画・読書感想記事は基本的にネタバレです。ご注意ください。

2007年01月10日

自分勝手な世迷言

別部屋で映画の話を書き散らしてる私だが日本のモノは少ない。あっても昔のものが多いのだ。

同じようにアジア・欧米の役者さんにのぼせていたりするが日本人役者さんにはあまり迷っていない。テレビなどで見る機会は外国モノより遥かに多いのだが何故なのだろう。

みんなはどうかわかんないけど、私はただ顔を見ただけで好きになるってことはまずない。
作品を観てその作品が好きになったらその中でいい演技をしていたら好きになる。ということは気に入った作品に出ていなければ好きになれないのだ。
ということはそれほどのめりこんで好きな日本映画が現在ないということだ。これは単に好みの話であって日本に優れた作品がないと言う意味ではない。特に最近日本映画ががんばってるのはさすがにわかるけど。

言葉も解るしすぐ観れるし。日本映画でメチャメチャ惚れこめたらなあ、などと身勝手な事をほざいてみたりする。そして誰かを凄く好きになってみたい。でも一人の監督とばかり組むわけにもいかないから、複数好きな監督がいないと駄目だ。


ラベル:映画
posted by フェイユイ at 23:48| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。