映画・読書感想記事は基本的にネタバレです。ご注意ください。

2007年04月29日

再会の時

年を重ねて映画や小説を楽しむ一つに若い時に観た・読んだものを再体験するというのがある。
若い時、物凄く面白かったものがつまんなかったり、昔は「つまんねー」と感じてたものが非常に面白く思えたり。
昔、反感を持っていたものが年を取ってやっと「そうだったのか、これは面白いものだったんだ!」と解った時は赤面の思いである。往々にして、つまらないと思うのはそれを理解できない自分の脳みそのせいであったりする。
特に作品が他愛ない表面を持っている時は若い頭では奥底に隠されたものが解らなかったりするのだ。
色々あるが例えば「サウンド・オブ・ミュージック」
子供の時は「いい年して簡単な歌を歌ったり踊ったり、馬鹿みてえ」と笑っており後に見直してその時代背景を考えず笑った自分を恥じたものだ。
名作モノはうんざりしてしまうものだが、やはり単純にして深いものが多く、中年に到ってやっと解ることがあったりするものなのだ。素直な人はすんなりと受け入れて良しとするのに、ひねくれているとなかなか受け入れたくなかったりしてしまうのだ。
とはいえ、若い時に反感を持って見ておいて後で思い直すというのも楽しいものだったりもする。

但しこれは若い時に経験をしてないと出来ないことである。
でも今からでも遅くはないか。
今、観ておいて後20年後また思いは変わるかもしれないから。
posted by フェイユイ at 16:39| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

バージニア工科大学乱射事件

バージニア工科大学での銃乱射事件が大きく報道されている。
今朝テレビで、犯人が銃撃途中で郵送したといわれる写真の両手に拳銃を持ち立ちはだかっている姿を見て思い出したのは日本で1938年に起きた津山事件であった。

この事件のことを知ったのが山岸凉子の「負の暗示」というマンガだったのでその異常な犯人の姿かたちを絵として覚えていた。強烈なインパクトのある恐ろしい姿だった。マンガでは主人公の心理を細かく表現している。

この二つの事件は比べてみると多くの相似点があるのが怖いほどだ。
年齢も22・3歳。周囲の人々から馬鹿にされているという劣等感が強い。が、知能はある程度高い。犯行前に銃を購入して入念に準備している。殺害場所が村や学校など狭い地域である。殺害されたのが30人ほど犯行後、自殺。遺書(またはそれに代わるもの)を残している。

時と場所が変わってもこういう事件は繰り返しおきることなのか。悲しいことである。

津山事件

「負の暗示」(パイド・パイパー収録)
posted by フェイユイ at 11:31| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

AFRO SAMURAI 〜アフロサムライ〜

AFRO SAMURAI 〜アフロサムライ〜という日本人が原案のアニメがアメリカで人気らしい。サミュエル・L・ジャクソンで実写化もされるそうで楽しみではないですか。

最初聞いたときはギャグ系を想像したのにシリアスもの?!すごくカッコよさそう。

アニメも映画も観たいものです。

自費出版漫画「アフロサムライ」

posted by フェイユイ at 14:46| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

とんこつラーメン

ラーメンが好きである。1週間に一度は食べたい(ほんとのラーメン好きの人からは馬鹿にされそうだが)ものだが、どうしても食べられない時もある(無論、インスタントは別として)そういう時は禁断症状である。

さらに、九州なのでトンコツでないと駄目であり、こってりでないといけない。テレビなんかで「意外とあっさり」なんていわれるようなのでは満足できないのである(それにしてもテレビでラーメンが映るとどうしてあんなに食べたくなるのかな)
切れてしまうと無性に食べたくなる。他の食べ物ではこんなことはない。
スープまで飲み干してしまうので喉が渇くがそのくらいでないとうまくない。

今日食べたんだけど、ちょっと間が空いてたせいもあり、めちゃくちゃうまかったな。
posted by フェイユイ at 22:27| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

手つなぎラッコ

なかなか毎日少しずつ、も無理なこのブログ。今回は可愛い映像で場を取り持ったり。
と言っても今話題の手つなぎラッコです。

仲良く手をつなぐラッコ

うぐぐ。かわいい。流れていくさまがなんともいえません。ひしと手を取り合う姿が愛おしいです〜。
posted by フェイユイ at 20:18| 香港 | Comment(2) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

アクセス解析、なぜなんだろう

ブログをやってるとどうしても気になるのはアクセス解析。
映画感想を書いてるわけで特に自分が好きな映画の記事を書いた次の日は気になる。
だがどういったわけか、好きな映画ほどアクセスは低い気がする。やはり変な映画が好きなせいなのだろうか。

前にも書いたけど悪口のときのほうがいいとかもある。あの三文字の映画の時なんか。
後、レスリー・チャンを書くと熱心なファンが多いのか、大概アクセスも好調。これはうれしい。
posted by フェイユイ at 13:59| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

4月にはいったのに

4月に入ったというのに冬に逆戻り。寒い。

が、春眠暁を覚えず、で結局眠い。

ニュースは怖ろしいものばかり。その憂さを晴らすために可愛い動物映像が必ず入る気がする。私だって好きなのでドイツの可愛い白熊クヌートくんだの野良猫ちゃんだのの映像が楽しみなのである。

「さば寿司いいね〜」って言いながら大矢ちき様のイラストが見れるCM。一度見なくなってまた復活した気がするが、ファンの要望に答えたのか。

posted by フェイユイ at 10:23| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

ピアス穴

ピアスをつけるようになってからもう随分たつ。穴を開けたのはいい年になってからなのだが(つまり学生時代とかではないってこと)イヤリングをつけていると耳が死ぬほど痛くなるので(一体あれはどういうことなの?)むかっ腹がたってピアス穴を開けることにした。
ピアス穴を開けることに「親にもらった体に」と拒否感を持つ方もおられるが、そんなことはつゆほども考えなかった。
ただし家族(この場合は連れ合いだが)に反対されたりしてもめるのは嫌だったので一人でこっそり開けることにした。
近所の小さな宝石店からピアス穴開け器を買ってきて開けようとしたが痛いのが怖いというより失敗して変なとこに開けるのが不安になる。耳ってよく見えないし(当たり前)失敗したと言ってぼかすか開けるわけにもいかんしなー。
病院に行くのには妙に抵抗があるしそれで連れ合いにばれそうだし。
んで、穴あけ器を購入した宝石店へ戻り「申し訳ないですが、穴を開けてもらえませんか」と聞いて見た。
ごく小さな宝石店のおじさん、といっていいようなご主人はちょっとびっくりした様子。
「うーん、昔はよく開けてやってたんだけど、今は法律的に駄目なんだよね」あー、そうなんだ。ちょっとびっくりでがっかり。
「でもまあいいでしょ、やってあげよう」「ありがとうございます!!」ってんでちょこんとそこのいすに腰掛けてあけてもらった。
冷やしたりとかもしなかったけど、さすがプロ。全く何の痛みも感じず手早くやってくれた。感謝〜。
お医者でやっても痛いし、膿んだりするよ。とか言う話も聞くのになんの後遺症もなし。梅雨時だったのに。
しかも「あら、凄くかっこいいとこにピアス穴あけたのね」なんて褒めてくれる人もいて、そーなのかー、とまた感心。しかしそういうとこまで見てる神経の細かい方っているのだね。
暫くの間はあれこれとピアスを変えて楽しんでた。今はつけっぱなしでいい奴をずっとしてるだけだけど。

この話自体、もうかなり前のことだ。そのお店も他所に移っちゃった。
こういうこと頼む人っていうのもあまりもういないのかなー。今思えば相当ずーずーしかったのか。ただでやってもらったし。勿論その後にピアスを買って帰ったけど。

連れ合いは呆れてしばらく文句いってたが(黙ってやったことに)それほど荒れることなく解決。

私にとってこのピアス穴開け体験は満足のいく一件だったなー。やっぱりピアスはいいよね。
posted by フェイユイ at 18:16| 香港 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

久し振りの歯医者

久し振りに歯医者へ行った。なぜだか朝歯が痛み、暫くすると治るのだが翌日の朝、また痛くなるのだ。
何故そんな奇妙な現象が起きたのかはわからなかったが奥歯が一本かなり進んだ虫歯になっていた。外からはよくわからないが奥で進行していたらしい。それが神経まで届いてたので神経を取ることに。
しかし今は昔と違って歯の治療は殆ど痛みがないのだね。マゾだったら悔しいことだろう。無論あの恐ろしい音は健在だが痛みがないなら全然平気。しかもやたらと「大丈夫ですか?」「痛みがあったら言ってください」「疲れたら言ってください」と神経の細やかな事。昔の治療はかなり荒っぽかったからそこまで言われると恐縮してしまう。(このお医者さんが特別優しかったのかもしれないが)
神経を取るのにちょっと時間がかかったのでついうとうとしてしまった。歯の治療中にうとうとできるなんて!!

麻酔も久し振りにやってあの変てこな感覚を味わってしまった。帰宅して歯磨きしたらぶくぶくができないの。ぶくぶくしてると水がぴゅっと口から飛び出してしまう。うーん。神経が利いてないとぶくぶくもできないんだ、と妙に感心。人間の体って精巧なんだなあ。
今のとこは仮につめてるだけなので舌で舐めると変な感じ。他には酷い虫歯はないとのことで短期間で終わりそうでよかった。

しっかし歯医者に行くのが恐怖でなくなるなんて子供時代には思いもしないことであったな。
posted by フェイユイ at 21:53| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

コーヒー・紅茶・緑茶

以前ほどコーヒーを飲まなくなり今はもっぱら紅茶。ミルクティである。でも時々緑茶も飲みたくなるのだが、急須でいれるのが面倒くさい。
で、これもティパックがいいやと時々飲む。たくさん飲むならちょっと高いがたまになのでこれでいいかな。でもさすがにあんまり飲む人いないようでスーパーにもあまり置いてないのだ。
紅茶は日東紅茶の100個入りの奴。がぶがぶ飲むだけなのでこれで充分うまい。
posted by フェイユイ at 23:52| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。