映画・読書感想記事は基本的にネタバレです。ご注意ください。

2007年01月23日

江戸川乱歩

江戸川乱歩。自分の嗜好の世界を形成している一人である。しかも土台の部分で。
およそ百年前にこのような小説が書かれ今読んでも面白くてたまらない。
猟奇、倒錯、変態、異常といった形容をつけずにはおれないし、作中には必ずこの上なく美しい男女そして醜悪な容貌の人物が登場する。
危ない世界である。今となっては放送禁止的アブノーマルに満ち満ちたこの小説が当時は大人気だったらしいのだから、やはり人間はこういう恐怖を除かずにはおれないのだろう。
その後も氏の世界を模倣(というと失礼かもしれないが)しようとする小説家・映画監督などが多数現れるわけだが、江戸川乱歩を越える面白さを持つ人は出てこないようだ(あくまで私の好みとして)

どのタイトルを見てもその独特の雰囲気を感じるが、「孤島の鬼」は同性愛的な要素の美しさと特に怖ろしい異常性で忘れる事ができない作品である。


posted by フェイユイ at 18:45| 香港 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。