映画・読書感想記事は基本的にネタバレです。ご注意ください。

2007年01月30日

「あゝ野麦峠」の中のミステリー 山本茂実

映画はあんまりよく観てなくて幾つかの場面を思い出すくらいなのだが、ここで書くのは著作の方である。

映画でも大変話題になった作品である。文明開化と共に日本で次々と作られていった紡績工場で働く女性達の姿が描きだされている。ある者は身売り同然に、ある者は病に倒れ死んでしまうような過酷な条件の中で懸命に働かざるを得なかった(多くは)若い女性達。決して多くはない賃金なのだが生まれ育った農村にいるよりは金になるということで雪山を越えて工場のある町へと働きに出、一日十数時間殆ど休みなく働いて貯めた金を懐に喜ぶ親の顔を見ることを楽しみに帰る少女たち。
そんな女性達の苦しみに満ちた生活の描写の中でここでは不適切かもしれないが、ミステリアスな部分に興味を持ってみた。ここが映画の中に描かれていたかはわからない。

明治39年9月、諏訪湖の下流の静かな村で酒屋の子守娘が惨殺死体で発見された。下腹部がえぐられていたのだ。

同じ年の11月、天竜川沿いで一人の製糸工女が殺される。彼女は色白で美人、男心をそそるような色香があったらしい。彼女も同じように腹部をえぐられたいたという。
刑事たちは赤い腰巻の乱れた裾から見える真っ白い太ももにぼーっとして「変態痴漢説」を唱えたのだ。
警察が見当違いの捜査をしている間に第3の事件が起きる。一度に若い母親・乳児・17歳のお手伝いの3人を殺したのだ。3人とも下腹部をえぐられていた。
殺されたのは乳児を除いていずれも若い女性。どれも下腹部をえぐられているが性的には犯されていないのだった。
しばらくたって49歳の女性が同じように殺されたが犯人は見つからない。
が、7人目の犠牲者となるはずだった女性に抵抗された上、顔を見られて逃げられてしまう。
こうして犯人は捕まってしまった。温厚で真面目な性格の男だったらしい。拷問にかけられてもついに理由を言わず処刑された為に原因はわかっていない。
警察は結核の特効薬として「人間の肝」が高値で取引されていた事に気づきこれが鍵だと睨むが金銭欲のためにそんな事をする男でもなかったためにどうしても動機がつかめないのだった。
ただ彼の恩人の娘が肺病でじっと死を待っている、という噂があった。義理堅いその男ならやりそうなことだ、という話だった。
すべては憶測に過ぎない、ということなのだが。

私としてはこういう路線から野麦峠を映画で観たい気がするのだが。こういう作品は真剣な思いで接っしなければいけないようで面白おかしく作るわけにはいかないのかもしれないけど。
posted by フェイユイ at 18:17| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

マニアへの憧れ

映画好きには一度観ればもう観ない、というタイプと同じものを何度も繰り返してみるタイプとあるだろう。
まあ、これは他の何を愛好するのも同じだろうが(人間に対してもって場合も・・・)
一度観るだけ、と言うタイプは「一年に何本観た」というような数にこだわるタイプにも発展していきそうだ。
同じものを繰り返しみるタイプは「その映画にこだわりを持ち、そこに込められた意味や味わいを吟味したい」という人と「一度観て面白いと思ったものが安心して観れる(新しいものを観るのは怖い)」という人などがいる。
では私はというとまったくもって中途半端である。
結構、何回か観ていってるけどかといって徹底してもいない。つまりは観た本数も大したことないし、一つのものを深く追求してもいない。困ったものだ。

自分としてはいつも「物凄く夢中になって愛する映画に出会いたい」と思っている。
一年くらいその映画のことしか考えられなくて、他の映画を観るにしても本を読むにしてもその映画に関することばかり。
監督・出演者を徹底して調べたり、舞台になった場所・時代そして音楽や衣装なんかについても検索しまくったり。
なんていう状態になってしまいたい。

そんな状態になりたい、と夢見るのもおかしな話だけど、結構のめり込みタイプなので可能性はないことはない。
役者に対して、というのはわりとありがちだけどね。

でも実際にはそういう人っているよね。例えば「スターウォーズ」とか「スター・トレック」とかにはまってしまうような人。
幸せなんだろうなあ、なんて思ってしまうのだった。

あれ、出だしとずれた?
タグ:映画
posted by フェイユイ at 18:40| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

「坂の上の雲」の配役決まる NHKが09年秋から放送

「坂の上の雲」の配役決まる NHKが09年秋から放送

NHKは18日、09年秋から放送する司馬遼太郎さん原作のスペシャルドラマ「坂の上の雲」の配役を発表した。日露戦争時の将校、秋山真之(さねゆき)と兄・好古(よしふる)を本木雅弘さんと阿部寛さん、俳人正岡子規、律の兄妹を香川照之さんと菅野美穂さんが演じる。

ということでした。ハンサムな兄弟になりましたね。好古さんは西洋人のようでないといけないので人気的にもぴったりでしょう。正岡子規の香川照之というのもこれしかないって感じで。
広瀬さんの役は誰なんだろう。




posted by フェイユイ at 00:12| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

江戸川乱歩

江戸川乱歩。自分の嗜好の世界を形成している一人である。しかも土台の部分で。
およそ百年前にこのような小説が書かれ今読んでも面白くてたまらない。
猟奇、倒錯、変態、異常といった形容をつけずにはおれないし、作中には必ずこの上なく美しい男女そして醜悪な容貌の人物が登場する。
危ない世界である。今となっては放送禁止的アブノーマルに満ち満ちたこの小説が当時は大人気だったらしいのだから、やはり人間はこういう恐怖を除かずにはおれないのだろう。
その後も氏の世界を模倣(というと失礼かもしれないが)しようとする小説家・映画監督などが多数現れるわけだが、江戸川乱歩を越える面白さを持つ人は出てこないようだ(あくまで私の好みとして)

どのタイトルを見てもその独特の雰囲気を感じるが、「孤島の鬼」は同性愛的な要素の美しさと特に怖ろしい異常性で忘れる事ができない作品である。
posted by フェイユイ at 18:45| 香港 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

妻問い婚もいいかも

日本にかつてあったという妻問い婚がいいなあ、と思う時がある。この場合の妻問い婚はそのまま通い婚のことであって夜這いのことではない。(好きな人の夜這いならかまわんけど)

一夫多妻は男の夢とか言うけど女の私でも時々それでもいいような気がする。外国のように同じ屋根の下に暮らすんでなく日本型の夫が別々の妻の家を通う形態に限るが。一生ダンナとずっとべったり一緒でなくともいいんではないか。
というかひとり暮らしで時々夫が訪ねてくる、というのがいいのだ。
勿論男が「君だけを愛する」と言うならそれでもいいし。とにかく別々に生活して会いたくなった時だけ会うわけ。それ以外は一人生活もしくは母子生活である。無論今の時代の話だから、子供は話し合いでパパの家に遊びに行ったりもする。
経済的な話とか法律的な話はさておいて。

恋愛状態でこれに似たような状況の人達はいるだろう。でも「結婚はいつ?」なんていうのも面倒ではないか。
これが結婚状態なの。女も働いて別々の家に住み時々会う。多妻というのは男次第であって一人の妻を持つのも精一杯という人が多いのかもしれないけどね。私は面倒なんで一夫多妻でもいいなあと思っているが、精力的な女性なら多夫一妻でもいいんんじゃない?かなり混乱した社会にはなりそうだが、今だってそうみんな単純でもないような。

女は実家にいてもいいし、外に出てもいい。多分子供が小さいうちは実家住まいかな。

年をとってあきられて「夜離れ」の悲しさを味わい詩を書いたりするのも一興である。
タグ:
posted by フェイユイ at 00:04| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 男と女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

九州男児!

「九州男児」というとどんなイメージなのだろう。

私は生まれてずっと九州にいるわけでまわりはみんな九州男児である。
無骨・口下手・男尊女卑・のわりに女に弱い・おだてると乗せられる・馬鹿がつくほど人がいい(つまり馬鹿)・「しからしか(面倒くさい)」とよく言うように細かい事を言うのを嫌う、などであろうか。実際そうはずれてはいない。

いい方に言ってしまってる、かもしれないが、つまりスマートで頭のいい生き方をするのではなくどうも「男らしい」という言葉に乗せられて馬鹿なやり方を選んでいる種族のようだ。

新聞や本で「九州男児」について書かれた文献を読んで「やはり、そうなんだな」と思った。
つまり過去の戦争において九州男児(と東北の男性)は「勇猛果敢」であるということで持ち上げられてはより危険な地域に送られ、命令も待たず突撃し命を失う事が多かったと言う。(自衛隊員も多いようだ)
これと真逆なのが関西人らしいのだが(「またも負けたか八連隊」というらしい)
いくら九州人とはいえ、そういう「死んだらおしまい」という気質こそが大切なのではないか、と私は思う。

とはいえ、やはり九州女としてどこか映画とか見ていてもすっぱり覚悟を決める男に惹かれてやしないか、と振り返ってみる。
そんなことはない、と思うのだが。
タグ:
posted by フェイユイ at 23:45| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 男と女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

真冬の夜は

真冬に一番嬉しいのは冷たいベッドを先に暖めてくれる人がいること。
私のほうが必ず後に寝るので冷たい思いはしなくてすむ。
女性は大体布団が温まらない人が多いと思うけど私もそう。
冬だけはケンカするわけにいかない。
別れたりしたら絶対電気毛布買わないと冬は眠れない。
でも今はその心配はなし(いつまで続くかは保障なしだけど)
今夜もほかほかに暖めてもらって熊の冬眠のように眠る。
貧乏人にはこれが一番の楽しみ。
タグ:夫婦
posted by フェイユイ at 00:03| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

タマラ・ド・レンピッカ

タマラ.jpgタマラa.jpgタマラb.jpg

先程迷宮美術館で見たタマラ・ド・レンピッカの絵がかっこいい。アングルを思わせるような感覚でいて固くて挑戦的だ。
タグ:絵画
posted by フェイユイ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

夜の冒険

平凡な主婦である。
夜一人で外へ出ることはあまりない。
夜中の11時頃、近くのポストまで郵便を出しに行こうと思いたつ。
そっと外へ出る。
冬だけどそれほど寒く感じない。
田舎町。
ある程度の灯りはあるが人の通りはまったくない。
灯りの向こうの夜の闇には不思議な陶酔感がある。
悪いことでもやってるようで少しどきどきしながら道を急ぐ。
明日でもいいんだけど、朝になるとなんやかやで外に出づらい。
幸い殺人鬼や通り魔に襲われることもなく無事ポストへ投函して帰宅。
平凡な主婦の冒険終わり。
タグ:冒険
posted by フェイユイ at 00:12| 香港 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

お茶くみロボット、行く末は

新聞に「お茶くみロボット」なる記事が載っていた。
「お茶を持って来て」と手招きするとペットボトルのお茶をこぼさず湯のみについで「お茶をお持ちします」としずしずと運んでくれるのだそうだ。
これを読んだ相方は「こんなロボットを開発するより人間がもっと愛情を持ってすることを学ぶべきだ」てな事を(もっと方言でもって)叫んだ。
なるほどね。でもこの記事は一部だけでもっと進めば介護ロボットなんてのもできるかも。
私としてはもっとがんがん開発してもらってよぼよぼの老人になった時にはロボットに介護してもらいたいなあという夢があるのだ。
貧乏だから、高価なものは買えないが。ジュード・ロウみたいなロボットは無理としても(多分アレを買うのは高いよね)手塚先生のロビタみたいなのでもいいなあ、優しいし。下の世話なんて恥ずかしいのは是非ロボットにやってもらいたいしね。人間がいい、なんてのは男の言葉って気がする。
気は優しくて力持ち、というようなロボットに是非老後の面倒を見て貰いたいと願っているのだ。
posted by フェイユイ at 23:48| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

自分勝手な世迷言

別部屋で映画の話を書き散らしてる私だが日本のモノは少ない。あっても昔のものが多いのだ。

同じようにアジア・欧米の役者さんにのぼせていたりするが日本人役者さんにはあまり迷っていない。テレビなどで見る機会は外国モノより遥かに多いのだが何故なのだろう。

みんなはどうかわかんないけど、私はただ顔を見ただけで好きになるってことはまずない。
作品を観てその作品が好きになったらその中でいい演技をしていたら好きになる。ということは気に入った作品に出ていなければ好きになれないのだ。
ということはそれほどのめりこんで好きな日本映画が現在ないということだ。これは単に好みの話であって日本に優れた作品がないと言う意味ではない。特に最近日本映画ががんばってるのはさすがにわかるけど。

言葉も解るしすぐ観れるし。日本映画でメチャメチャ惚れこめたらなあ、などと身勝手な事をほざいてみたりする。そして誰かを凄く好きになってみたい。でも一人の監督とばかり組むわけにもいかないから、複数好きな監督がいないと駄目だ。
タグ:映画
posted by フェイユイ at 23:48| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

同窓会

相方が同窓会に参加した。ラジオでもそういう話をしていた。お正月にそういうことをするのはちょうどいいのだろう。

だが、相方、物凄く意地の悪い奴がいたと言って泣きながら(ちょっと大げさに言ってます)帰ってきた。容姿をなじられたらしい(わはは、カワイソウ)そいつは昔から嫌な奴でやっぱり今でも嫌な奴だったらしい。聞いてるだけのこちらは映画を撮るならそういう嫌な奴がいないと面白くないよ、などと冷酷に考える。勿論私自身が体験したくはないけどね。

ラジオでの同窓会話は「昔使い走りをやらされてた奴は今もなんか言われると走って買いに行ってた。昔の習慣は治らないね」っていう笑っちゃう悲しい話。

どちらも今も昔も変わらない、ということであった。

人間、成長するはずなんだけど。

私もあんまり変わってないんだろうなあ。

タグ:友達
posted by フェイユイ at 18:27| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

「ヴィジュアル版ギリシア・ローマ文化誌百科・上」

最近またよく図書館で本を借りている。
今回借りた内の一冊「ヴィジュアル版ギリシア・ローマ文化誌百科・上」まあギリシア・ローマ文化というと興味は一つ、てな感じもするわけですが、ヴィジュアル版ということで写真が多いのも魅力。

で第一章。とにかく美しい体を持っていなければいけないようで大変です。勿論もやしっ子はNGで彫刻に現れるような均整の取れた筋肉質の身体ですね。そして興味は「性愛」へと移るのですがアキレウスのパトロクロスへの愛を讃えています。p68「からみあう男性同士の恋人たち」抱かれている青年が美しいです。前480年頃アッティカ赤像式キュリクスの内側に描かれたものということですから酒杯でしょうか。色っぽいです。
p70図75「愛し合う男性と少年」少年が年長者を誘惑している図です。この少年も綺麗です。
図78「少年に求愛する男性」年長の男性が少年に愛玩用の野うさぎを贈っている。この頃はゲイというのが特にいけないものという観念はなくお父さんに同意を得て指定の場所で交際すればよかったらしい。明るい交際なわけですね。その時こういうかわいいペットなんかを贈り物にして少年の心を惹いたわけでしょうか。今ならゲームソフトとか。その下の図は最初男女かと思ったんですが愛し合う男性同士の図でした。
タグ:同性愛
posted by フェイユイ at 19:42| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

普通の日、寒いけど

物凄く寒くなった。雪が降るらしい。なかなかこの辺では雪が積もることはないのだけどね。

もうすっかりお正月という気分ではなくなった。まわりもとっくに普段通りだ。
以前に比べ折々の行事というものの価値が薄くなっていく。私自身あんまりそういうのを真面目にやらないんだからしょうがない。
そういったしきたりなんかが風情があっていいなあと思ったり、面倒くさいと思ったり。
まあ、みんながそういう風なんだろう。
posted by フェイユイ at 18:18| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モーニング2〜やまだないと〜

漫画をまともに読まなくなっているこの頃だけど(少しは読んでるが)久し振り「モーニング・ツー」なる雑誌を読んだ(雑誌を読んだ事自体が久し振りなのね)
山下和美「不思議な少年」オノ・ナツメ「Danza」がおもしろい。でも一番気になったのがやまだないとの「BEATITUDE」トキオ荘に集う若き漫画家たちを描いたもので、オールド漫画ファンなら誰でも聞いたことはあるであろうトキワ荘がモデルだが事実とは大幅に異なります。と作家自身が書いておられる。これは凄く楽しい作品だ。登場人物が魅力的なのだ。
posted by フェイユイ at 00:14| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

「さすらいの孤児ラスムス」

「長くつ下のピッピ」や「名探偵カッレくん」で有名な アストリッド・リンドグレーンの作品。
大昔、幾つか彼女の作品を読んだがその中で一番好きだったのがこの「さすらいの孤児ラスムス」だった。孤児院にいるラスムスはお金持ちにもらわれるのが夢なのだが、そんな人々が欲しがるのはいつも縮れ毛の女の子。針毛の男の子である自分はもらわれる可能性はないに等しい。決してひどい所ではないけど孤児院の厳しい先生から怒られたラスムスはそこを飛び出して行く。そしてのんびり放浪しては歌を歌って暮らしている男・オスカルに出会う。神様のカッコウ鳥(だったと思う)と名乗るオスカルとラスムスの放浪の日々が始まった。

てな話で泥棒と出合ったりする冒険活劇もあり。孤児院に残してきた親友の事をずっと思いやるラスムス。
そして金持ちの農家にもらわれそうになったラスムスの決意は。アメリカに移住して行った人々が住んでいたと言う海辺の村の様子があったりしてなかなか映画的なイメージが膨らんだものだ。

針毛を気にしてるラスムスがかわいい。日本人的にはストレートヘアの方が良いんですが(あ、くせっ毛もまたよしです)オジサンである(とラスムスは思ってるけどきっと若いんじゃない?多分30歳くらいかも)オスカルが巻き毛なのがおかしい。
タグ:家族
posted by フェイユイ at 16:26| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

思い出話も少し

毎年のように年明けて年賀状を書く。昼はカレーライス。DVDを観る。結構寒い。

娘から昔話を聞く。幼稚園の頃、女の子たちでいす取りゲームをやったという。人数より椅子を一つ減らして合図がきっかけで早く椅子に座らなければならない。勿論一人座れなくなる。座れなかった女の子が悲しそうにしていたので、一人の女の子が「おひざに座っていいよ」と言ったとか。それではゲームにならないんだけど、優しい子っているんだなあ。
こんな子ばかりだったら戦争はおきないんじゃないのかな。
タグ:家族
posted by フェイユイ at 20:12| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

新年の挨拶とブログの変更のお知らせ

12月はとうとう記事を書かずじまい。もうここをやめようかとも考えましたが、まあぼちぼちやっていくかと思い直しました。
今年は今までの形だけでなく、日記風なモノを短文で書いていこうかと思っております。いつまで続くか、ですが。

お遊びで「藍空放浪記」とは違うムーダンという名前でやってましたが、そこまで徹底して遊んでる感じもしないのでここからフェイユイで統一しようと思います。昔のはそのまま残ってますが、お許しください。
ここを読んでくださってる方、どうぞよろしく。なんだか凝ってやってるのが恥ずかしくなってしまったのですよ。
従ってタイトルも「妖しの小部屋」に変更しました。

普通は1月1日から張り切るものですが2日になって思い立つのが私らしいところです。

とりあえず日記。
1月1日、いつもどおり家事をすませ入ってきた仕事を終えた。その後、家族で私の実家に新年の挨拶に行く。
同じく里帰りしていた弟夫婦とその赤ちゃんに会う。その甥っ子は1歳になったばかりつかまり立ちができる。歯が上下少しずつ生えていて物凄く可愛い。我慢できず抱っこさせてもらう。放したくなかった。連れて帰りたい、とはこのことだ。3人家族の生活なので人見知りが激しくすぐ泣いてしまうとのことだが、ちょっと泣いただけですぐ機嫌がよくなったよ。ますますうれしくなるではないか。大体赤ちゃんが泣いてるのほど可愛いものはない。笑っているのはまた極上だが。物を咬む様も可愛いし、はいはいも立っちも愛おしい。今度会うときはまた大きくなっているんだろうなあ。

2日
今日も仕事が入り正月ボケする心配だけはなさそうだ。
タグ:挨拶 家族
posted by フェイユイ at 13:10| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。