映画・読書感想記事は基本的にネタバレです。ご注意ください。

2005年12月30日

甥っ子

生まれて初めて伯母さんになった。甥っ子ができたのだ。

甥姪っていたらうれしいだろうなあ、とは思っていたのだが、実際できると本当にうれしい。弟の子供だ。義妹、ありがとう。小さくて保育器に入れられていたのでまだ頭しか見てないが、すごく可愛かったよ。小さいといっても凄く元気よさそうだった。
もう実家に戻っていたので何の心配もないのだろう。本当によかった。

彼が成長してどんな子供、そして大人になっていくのか、そういうことが楽しみなのだなあ。
posted by フェイユイ at 23:09| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨田洋之・2005世界体操選手権・男子個人総合(BlogPet)

今日、全部観れたわけじゃないけど
冨田洋之選手の魅力に参っていたとは言え、今日、ともに戦っているという紹介にはっとしました
吊り輪が観れたのでちょっとどきどきしなかったのは想像できない
今日、今日、ともに戦っていたとは言え、今日、全部観れたわけじゃないけど吊り輪が観れたわけじゃないけど吊り輪ができない努力があるのだろう
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ムウムウ」が書きました。
posted by フェイユイ at 10:33| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

2005年、あとわずか。

2005年もあとわずか。「藍空」で書けないけど書きたいことをこちらに書こうと思いたち、1年ばかりがすぎました。
過去ログを見ると多い月と少ない月が交互にある(笑)何かしら思いついたものを書こうと思ってはいるのだが、平凡な日々を送っているもので何もないのだな。

年末が忙しい仕事をしているので、このくらいを書くのがやっとか。
来年こそはもう少し妖しの小部屋にも訪れていきたいものです。
posted by フェイユイ at 22:57| 香港 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

冨田洋之くんの素顔(BlogPet)

いつも、ムーダンは
シングルスの試合では敵意を持つことができずダブルスの時はパートナーのために最強のプレイヤーとなることができる天使のような思い出だ。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ムウムウ」が書きました。
posted by フェイユイ at 10:29| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

「2005世界体操選手権」あん馬の冨田選手(BlogPet)

きょう鹿島の、演技したの?
またアテネへ選手っぽい優勝するつもりだった。
またアテネで鹿島がアテネまで選手権優勝された。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ムウムウ」が書きました。
posted by フェイユイ at 10:53| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

「ウィンブルドン」ラッセル・ブラッドン

この小説は私のようなスポーツものが大好きでしかも友情とも同性愛ともつかない友愛ものを好むものには珠玉の一作と言える。

17歳の魅力的なロシア人テニスプレイヤーのヴィサリオン・ツァラプキンと23歳のこれもかっこいいオーストラリア人のテニスプレイヤー、ゲイリー・キングのテニスを通じた青春物語でありサスペンスストーリーでもある。

まるで映画のようなサスペンスが織り込まれているのだが、その要素ですら二人の深い友情を語るための道具立てになっているのだ。

二人ともすらりとしたハンサムな容姿。ゲイリーのほうが頭半分だけ背が高い。ツァラプキンはゲイリーが「スノウ」と呼ぶような金髪に白い肌。しかもシングルスの試合では敵意を持つことができずダブルスの時はパートナーのために最強のプレイヤーとなることができる天使のような若者だ。二人は一つの試合で言葉は通じずとも心を通わせる事になる。ツァラプキンはゲイリーの運転するBMWの後ろに乗り(こういう設定に私は弱い)海へ行って言葉の通じないままに話し合う。

ツァラプキンが真夜中の2時海岸をうろつきゲイリーに電話をする。「ゲイリー?」「ああ」「ラスタスだよ」電話は切られた。だが、それだけでゲイリーは、海岸へラスタス(ツァラプキン)を探しに行くのだ。

そしてツァラプキンは亡命しゲイリーと共にテニス・サーキットを回り次々と勝利を収めていく。
やがて二人はウィンブルドン・ファイナルを戦う事になる。決勝が終わったら僕は君にキスをするよ、とツァラプキンは言ってゲイリーを驚かせる。
テロリストによる試合会場の危機を救うためのツァラプキンによる頭脳プレイも見事ながら、決勝が終わった時、その愛する友人にキスを送ったのはゲイリーだった。

この視覚的な小説を頭の中で映像化したくなるのはしょうがない。ゲイリーとツァラプキンがセンターコートでキスを交わす場面を思い描くのは当然の事だろう。

posted by フェイユイ at 22:09| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

怖い思い出

年を取ってしまうと子供の時のことはまるで何かのお話のように映画のように思い出され、不思議な感覚に捕らわれる。
思い出と言うものは数限りなくあるわけだが、怖い思いをしたことも大した人生でないといいながらも色々あるものだ。
小学生の時、雨の日だったんだろう、登校中、傘をさして歩いていた。狭い道で車と接触してしまったが、車がゆっくりだったのか、傘が壊れただけだった。だが、運転していた男性が降りて来てあやまり、「親御さんにもあやまりたいので、車に乗って家まで一度帰ってくれないか」と言う。内気だった私は断る事もできず言われるままに車に乗り込んだ。誘拐と言う言葉は知っていたので、車に乗ってからどきどきした。逃げなきゃ、と思っても車が走り出してしまえば、もうどうしようもない。
結局は普通の人だったわけで、家に着いて親にあやまり、その後どうしたのかは覚えていない。

住宅街から少し離れた小道でまだ若い男(今思えばまだ学生だったかもしれない)が「自転車が壊れたから一緒に直してくれないか」とか言って路地に引っ込んだ。さすがにこれは言う事を聞きはしなかった。その時は禍々しい空気があたりに漂ってる気がした。

子供はどこで怖い思いをしているのだろうか。どんな時、どんなきっかけでどんな事が起こるのかは誰にもわからない。
posted by フェイユイ at 19:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

冨田洋之くんの素顔(BlogPet)

今日、ムーダンが
BSで「2005世界体操選手権」男子個人男子をやっていたのでちょっとどきどきしながら観る。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ムウムウ」が書きました。
posted by フェイユイ at 13:52| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

冨田洋之くんの素顔

tomita3.jpgtomita2.jpgtomita.jpg

今朝フジテレビの目覚ましTV観てたら、冨田洋之くんの話題に。
試合中常にクールな彼の素顔は?というものだったのですが、私としても凄く興味あるぞ。あの体操演技中のまったく感情を表に出さないような冷たいといってもいい凄み。試合にかける意気込みと自分に対しての絶対的自信。そして目を奪われる美しい体操。
普段から常にクール。にこりともしないのか、と思いきや、インタビューにも結構にこにこ。可愛い笑顔を見せてくれてるではありませんか。話し方も試合後の大人びた印象と違ってまだ子供っぽい感じすら残る可愛さです。
私はもっと(サッカーの)中田ヒデのような(あ、中田も大好きなんですよ)傲慢な感じかと思ってました(あくまで中田好きです)あんなに優しい感じだとは。ますます好きになってしまうではありませんか。
しかし好きな歌手がさだまさしだなんて。はは。いや私はさだまさし世代なんで物凄く聞いてるんですが、彼と話が合ってしまうわ。一体いくつなんだ(笑)

あのはにかんだ笑顔。よかったな。しかし肉体は凄いです。体脂肪率2パーセントだそうですよ。凄い。水に沈むので泳げないそうです。助けてあげなきゃ。
posted by フェイユイ at 23:32| 香港 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ニエズ」のアフォン(BlogPet)

今日、ムーダンが
「おじゃまさんリュリュ」は可愛い女の子と美形の青年アミアンのラブ・種目でこの軽さ楽しいったらありません。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ムウムウ」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:03| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

投稿のテスト(BlogPet)

うまく投稿できるかな?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ムウムウ」がテスト投稿の為に書きました。
posted by フェイユイ at 18:20| 香港 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。