映画・読書感想記事は基本的にネタバレです。ご注意ください。

2005年09月28日

「シン・シティ」でミッキー・ローク来日

ミッキー.jpg
若かりしミッキー・ローク

ミッキー・ローク氏が来日なさってるようです。ミッキー・ローク氏といえばかつては映画「ナインハーフ」などでセクシー男ナンバー1だった方。今でも女好きで鳴らしておられるようですが、偽悪的なのか本物なのか、よくわかんない。偽悪的というとジャック・ニコルソン氏を思い出しますが、彼はそんなに女たらしというわけではなかったね。

ミッキー・ロークが日本女性人気度トップから奈落に落ちたのは有名なボクシング試合の猫パンチ。人気絶頂にあった彼が何を思ったかある日ボクサーと試合するといって皆勝てるわけないよね、と思っていたのに豹柄パンツをはいたミッキーはそのボクサーを当たりそこねのへなちょこパンチで勝ってしまった。日本で人気絶頂だった彼は次の日から最低の男のラベルを貼られてしまった・・・。ほんとにもうぷっつりと名前を聞かなくなってしまったものだ。

私としてはコッポラ監督の「ランブルフィッシュ」やアラン・パーカー監督の「エンゼルハート」で好きだったし「ホームボーイ」という映画でもなかなかいい味出してた(しかもボクサー役!)その彼がただに猫パンチ一つで消え去ってしまうとは(と言っても映画自体が来なくなったからそれだけが原因じゃないかもね)「ハーレイ・ダビッドソン&マールボロマン」というのでこけたという記憶がある。私は未見なので何も言えん。

そのミッキー・ローク氏が新作「シン・シティ」に出演されている。なんだか凄いメイクでよく顔はわかんないみたいだが(笑)ここで一つ巻き返しをはかってもらってまた人気者になれるのか?!
でも見てるとミッキー・ロークってそういう人気とかって全然気にしてないような。大体人気気にしてたら猫パンチやらなかったよね。多分人気なんてどーでもいい真の「ワルな男」なのかも。

今朝、フジテレビ「とくダネ」で「日本女性は好きじゃない、大好きなんだ」って言ってました。ワルワル。
posted by フェイユイ at 19:08| 香港 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

貝が胃に棲み始めました

日本漢字能力検定協会は15日、笑えるワープロ変換ミスの年間優秀作品を公表した、ということでいつみてもこういうのはおかしいんですが、何だか病気ネタが多い?!ま、貝が胃に住んでも病気じゃないのか、いや、病気だよな。
そうとう気味悪いです。
posted by フェイユイ at 21:47| 香港 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

雨漏り

この前の台風で雨漏りをした。すごく古い家に住んでいるのでしょうがない。とは言え雨漏りと言うのはなんとも物悲しく心細いものだ。

台風の後では修繕を頼んでも大工さんは忙しくてなかなか順番はまわって来ない。今日も台風の影響で大雨になるらしい。とりあえず自分のできる範囲で補強してはみる。だが全く安心はできない。
今強く雨が降ってきた。結局・・・雨漏りしてる。は〜。やはり素人では難しいんだな。台風よ、去ってくれ。
posted by フェイユイ at 18:36| 香港 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

甘党辛党

持って生まれた好みなのか、少しずつ形成されるものなのか、甘いものが好きな人と嫌いな人がいる。
私は甘いもの苦手派なのだが、なんとなく女で甘いもの嫌いというのは可愛くないような気がする。「これだけはやめられないのよねえ」と言ってケーキやパフェを見て天国にいるような顔をしてる女性を見ると自分が悪者のような気がする。男性だって甘いもの好きな人はいい人のような気がする。
と言って私が酒のみかと期待されると酒も飲めないのだよね。いや、全然というわけじゃないが少し飲むとすぐ酔っ払ってしまうという経済的な人間である。が。真っ赤になってしまうのがイヤで人前では飲みたくないのだ。
甘いものも酒もダメ。うーん、どうしようもない。人生の幸せを味わうことができないのか。いやいや、自分としてはお茶と珈琲それに少しのワインだけで思う存分満足しているのだが。(それぞれつけあわせとして、お茶に塩辛いせんべい類、珈琲にあんまり甘くないパンやクッキー、ワインはチーズをつければ私の天国ですわ)
posted by フェイユイ at 19:31| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

ハイロウズのヒロト、クロスFMに生出演!

今日、クロスFM(福岡のラジオ番組です)聞いてたら開局10周年ということでハイロウズのヒロトがゲスト生出演。相変わらずの口調で大好きな(というのも変だが)ロックンロールについて熱く語ってました。ヒロトはちっとも変わってないのだな、とちとうれしくなる。
アメリカへのアイリッシュ移民がロックンロールの原点だと言う話。パーソナリティの方と楽しく熱心に話してました。
音楽談義が一段落したとこでパーソナリティからヒロトへ質問。「憧れの人は?」「ロックンローラー」「行きたいとこは?」「ない。うちにいたい」「福岡でよく行く店は?」「レコード屋さん」(こう言ったのよ)などと言うやり取りがあり「最近見た夢は?」「あのねー、ある飲み屋さんでボクとキース・リチャーズが隣あってお酒を飲んでるの。次第に夜も更けて人もいなくなり、二人きりでいい感じになっていくんだ。お前なかなかいい奴だなって感じにキースがボクを認めてくれるのね(あくまでもヒロトの夢の話です)ボクもうれしくなってずっと聞きたいと思ってた質問をしたんだ「キース、あの60年代の最も熱いミュージックシーンであなたは一体何を体験したの」するとキースがボクの太ももに手を置いてさするんだ。そして「あの頃、俺たちはみんな出来てた」ウギャーとなって目がさめたそうです。ハハハ。
夢とはいえ、いい話が聞けました。夢でもいいからキースとそんな風になりてー、という方も多いことでしょう。パーソナリティーさんも「さすがヒロトになると見る夢も違うね」と感心してました。
しかしヒロトってまったくロックンロールの事しか考えてないのだなー。とにかくロックンロールに出会えてよかった、とも言ってました。よかったね、ヒロト。
posted by フェイユイ at 18:33| 香港 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。